読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でかいチーズをベーグルする

でかいチーズはベーグルすべきです。

自分の人生にはなんの影響も与えないという考え方

note

最近赤の他人の行動に寛容になった。というのも、赤の他人が少しかんに障る態度を撮ったからといって自分の人生にはなんの影響も与えないというふうに考えるようになったから。


例えば、道を歩いていて通りすがりの人と肩がぶつかったとする。そんなときは謝るのが普通だけど、たまに謝らない人もいる。ここでイラッと来たり来なかったりするわけだ。だけそ、その時に、この人が多少不誠実で、自分に謝らなかったからといって自分の今後の人生には全く何の影響も与えないんだから関係ないと考える。するとどーでもいいやーっていう気になって、イライラして貴重な時間を無駄に過ごしてしまうこともない。


そんな不誠実な人達に、何の面識もない自分が注意をしたって聞くわけがないし、かと言って注意したいのにできずにもやもやしてても自分の時間がもったいないだけだよね。そんなら、注意するっていう方向性で考えるんじゃなくて、自分は絶対にその人と同じような態度は取らないようにする。自分が模範となるわけだ。そうすると、どこかで自分の行動を見た人が、あの人みたいに誠実に生きようと思うわけだ。北風と太陽みたいな感じ。


ただ、この考え方がエスカレートして、自分の人生には何の影響も与えないんだから、人に迷惑をかけてもいいっていう考え方にならないように注意しないといけない。人に迷惑はかけないっていうのは大前提となる制約条件で、その中で自分が効率良く暮らせる方法を見つけないといけない。