読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でかいチーズをベーグルする

でかいチーズはベーグルすべきです。

ICWSM2015で発表した

conference paper

ICWSM2015で発表してきた。タイトルは"Patterns in Interactive Tagging Networks"。2年前にポスター発表していて、今回はフルペーパーで発表できた。この会議は面白いから今後も参加したいなー。

今回の発表は初めての「分析しました論文」だった。WWW2015での発表でも使ったデータと同じもの(規模は違う)を使って、Twitterにおけるユーザのタグ付け関係(リストをタグとみなした)について基礎的な分析をした。

正直、当たり前とも思える結果を示しただけなんだけど、それを「しっかり示す」ことに意義があると認められたんだとおもう。メタレビュアもそう言っていた。ICWSMは特にこの辺を重視している印象で、他の論文もこういう感じのものが多かった気がする。Research questionを明確に示して、それにしっかりと答えるのが何よりも大事ということかな。

データ:http://dx.doi.org/10.5281/zenodo.16267

コード:https://github.com/yamaguchiyuto/icwsm15

概要

Twitterにおけるユーザ間のリスト関係をタグ付け関係とみなして、いろいろと基礎的な分析を行った。

Twitterユーザは他のユーザのリストを作ることができる。これはユーザのグループみたいなもので、例えば「スポーツ」という名前のリストを作って、スポーツ選手とかをそのリストに入れることができる。本研究では、リストの名前をリスト作成者からリストに入れられているユーザへの「タグ」とみなして、ユーザ間のタグ付け関係(ネットワーク)を作った。つまりノードはユーザで、エッジはユーザからユーザへのタグ。エッジにラベルがついてるグラフを作った。

このグラフの特徴を分析するために、FlickrとDeliciousにおけるタグ付けとの比較を行った。FlickrやDeliciousでは、ユーザが写真やウェブページへのタグ付けをすることができる。つまりユーザと写真やウェブページをノード、ユーザから写真やウェブページへのタグ付けをエッジとするグラフになる。これら三つのグラフの比較を行った。比較結果として例えばTwitterとDeliciousは Broad folksonomy だがFlickrNarrow folksonomy であることがわかった。

また、Twitterにおいてユーザがどの程度「相互に」タグ付けしているかについて分析した。また、どのような場合に相互にタグ付けするのかについて分析した。結果として、全体的に見ると相互のタグ付けは少ないが、「friends」のような友人関係に関するようなタグは相互に付与されることが多いことがわかった。

さらに、Twitterにおけるタグ付け関係とフォロー関係の比較を行った。結果として、タグ付け関係とフォロー関係はあまりオーバーラップしてないことが分かった。他にも、タグ付けとフォローがオーバーラップしているかどうかを見ることでタグを二種類に分類できることがわかった。一つは友人関係を表すfriendship tagsで、もうひとつは情報収集に用いられるsubscription tags。

他にもたくさん結果はあるけど詳しくは論文を読んでくれると嬉しいな!